アジアNEWS

アジアのNEWS
産業
  • 東洋紡 PET世界最大手インドラマ社に重合技術供与 2017年9月26日 東洋紡 PET世界最大手インドラマ社に重合技術供与 東洋紡(本社:大阪市北区)は、PET(ポリエチレンテレフタレート)樹脂製造で世界最大手、タイのインドラマベンチャーズ(本社:バンコク)、岩谷産業と重合技術・特許についてライセンス契約を締結した。この技術には東洋紡が独自に開発したアルミニウム触媒「TOYOBO GS Catalyst」が使用される。 東洋紡のアルミニウム触媒はレアメタルを使用しておらず、重金属を含まないことで製造した樹脂がリサイクル性に優れていることから、環境負荷低減に貢献する。このほか、全世界に製造拠点を持つインドラマベンチャーズ(インドラマポリマーズ社)とライセンス契約することにより、同触媒法をグローバル展開していくのが狙い。 Source: New feed
  • オークネット シンガポールMoney Maxと合弁事業 2017年9月26日 オークネット シンガポールMoney Maxと合弁事業 情報流通支援サービスのオークネット(本社:東京都港区)は、シンガポールのブランド品の質店大手のMoney Max Financial Services Limited(本店:シンガポール)と、合弁会社「SG e-Auction Limited(仮称)」(本社:シンガポール)を設立することで合意した。 登録資本金は60万米㌦。持株比率はMoney Max51%、AUCNET49%。2017年10月設立予定。シンガポールおよびAEC(ASEAN経済共同体)域内における中古ブランド品流通事業を手掛ける。 Source: New feed
  • PALTEK FPGAの性能を最適化するソリューション 2017年9月26日 PALTEK FPGAの性能を最適化するソリューション PALTEK(本社:横浜市港北区)は、FPGA開発に対してクラウドコンピューティング技術や機械学習技術をいち早く応用した最適化技術のパイオニアであるPlunify Pte.Ltd.(本社:シンガポール、以下PLUNIFY社)と販売代理店契約を締結した。 PALTEKはPLUNIFY社の機械学習による知能ベースのFPGA最適化するソリューションを提供することで、大規模かつ複雑なFPGAの開発に携わる顧客に対し、市場投入期間の短縮化、労働コストおよびデバイスコストの削減を実現する。 Source: New feed
  • NEC 東南アと米国結ぶ光海底ケーブル建設完了 2017年9月25日 NEC 東南アと米国結ぶ光海底ケーブル建設完了 NECはこのほど、2015年3月から建設を進めてきた東南アジアと米国本土を結ぶ光海底ケーブル「SEA-US」(シーユーエス)の建設を完了し、米国のRAM Telecom International(RTI)社が主導するグローバル通信事業者6社からなるコンソーシアムに引き渡した。 SEA-USはフィリピン、インドネシア、グァム、ハワイを経由して米国本土(カリフォルニア州)に至る総延約1万5000㌔㍍の光海底ケーブル。毎秒100㌐ビット(100Gbps)の最新の光波長多重伝送方式に対し、最大容量毎秒20テラビット(20Tbps)の伝送が可能。両地域を結ぶ本ケーブルの提供により、東南アジア経済の成長に伴い、今後も増加が予想される東南アジア・米国間の通信需要に対応する。 Source: New feed
  • 昭和電工 熱硬化性成形材料事業でアジア4拠点体制 2017年9月25日 昭和電工 熱硬化性成形材料事業でアジア4拠点体制 昭和電工は9月22日、中国広東省珠海市で、熱硬化性成形材料(以下、BMC)工場の竣工式を執り行った。今回竣工式を行ったの連結子会社は「昭和電工新材料(珠海)有限公司」(以下、SDNZ)は、上海に次ぐ同社グループのBMCの中国第二拠点となる。 SDNZの資本金は7000万人民元(約11億9000万円)で、持株比率は昭和電工70%、長興材料工業股份有限公司30%。同社は華南地域中心に製品を供給していく。 この結果、昭和電工グループのBMC事業は既存の日本、上海、タイの3カ所と合わせアジア4拠点体制が確立する。 Source: New feed
  • 郵船ロジ シンガポールの物流施設を大幅刷新 2017年9月25日 郵船ロジ シンガポールの物流施設を大幅刷新 郵船ロジスティクスのシンガポール法人Yusen Logistics(Singapore)Pte.Ltd.はトゥアス地区に増設する大型物流施設の起工式および同地区の既存倉庫に採用した自動倉庫システム「AutoStore」の導入式典を9月20日に執り行った。 トゥアス地区はシンガポール西部に位置し、マレーシアとの連絡橋に隣接していることから物流拠点として至便な立地にあり、今後も高い物流需要が見込まれる。約3万3000平方㍍の敷地に2階建てで延床面積約2万平方㍍の倉庫と、36のトラック搬入口、100台以上駐車可能なトラックヤードを完備し、在庫管理や流通加工、検品など各種ロジスティクスサービスを提供する。2019年春ごろの稼働を予定。 Source: New feed
  • 東洋電機製造 中国・成都で鉄道車両用電機品で合弁 2017年9月25日 東洋電機製造 中国・成都で鉄道車両用電機品で合弁 東洋電機製造(東京都中央区)は、中国四川省成都市で都市交通向け鉄道車両用電気品の製造を主業務とする合弁会社を設立する。 新会社「成都永貴東洋軌道交通装備有限公司」の資本金は3000万人民元で、出資比率は東洋電機製造49%、浙江永貴電器股份有限公司51%。同社は主に都市交通向けパンタグラフの組立・試験を担う予定。 Source: New feed
  • 大塚製薬工場 インドの合弁子会社の持分を追加取得 2017年9月25日 大塚製薬工場 インド合弁子会社の持分を追加取得 大塚ホールディングス(本社:東京都千代田区)の完全子会社、大塚製薬工場(本社:徳島県鳴門市)は、クラリス・ライフサイエンス社が保有するインドの合弁子会社、大塚製薬インドの株式(20%)を取得する株式譲渡契約の手続きを9月21日、完了した。この結果、大塚製薬インドへの出資比率は大塚製薬工場が80%、三井物産が20%となった。 大塚製薬インドの所在地は、インドグジャラート州アーメダバード市で、基礎輸液・臨床栄養製品の製造販売を手掛け、インドおよび世界50カ国以上に展開している。 Source: New feed
  • 住友商事 ベトナム第三タンロン工業団地着工 2017年9月24日 住友商事  ベトナム・第三タンロン工業団地着工 住友商事(東京都中央区)は9月21日、ベトナムの首都ハノイ市中心部から北へ44㌔㍍のビンフック省で開発を進めている第三タンロン工業団地(以下、TRIPⅢ)で着工、販売開始し、同地で安全祈願祭を行った。 同地は9月にベトナム北部の主要港のラックフェン国際港(2018年開港予定)へのアクセス道路、橋梁が開通し、周辺インフラの整備が進んでいる。TRIP、TRIPⅡの事業運営を通じて得たオペレーションノウハウ等を活用し、TRIPⅢでも現地の許認可申請等の行政手続きから、その後の創業までサポートし、入居企業へ質の高いサービスを提供していく。 開発面積は最大約213㌶、総事業費は100億円超を予定。2018年より操業を開始する予定。 Source: New feed
  • 郵船ロジ ベトナムに1.2万㎡の大型物流施設 2017年9月24日 郵船ロジ  ベトナムに1.2万㎡の大型物流施設 郵船ロジスティクスのベトナム法人Yusen Logistics(Vietnam)Co.,Ltd.は、ベトナム南部ホーチミン市に隣接するビンズオン省のVSIP1工業団地内に約1万2000平方㍍の大型物流施設を建設し、2017年11月から稼働する。 ホーチミン市および近隣省は同国内最大の消費市場で、今後も外国企業の販売拠点としての進出が予想され、旺盛な物流需要が見込まれることから物流施設を新設する。 今回新たに物流施設を稼働するVSIP1工業団地は、ホーチミン市北部に隣接するビンズオン省の最南端エリアに位置している。ホーチミン市中心部から約18㌔㍍、タンソンニヤット国際空港まで約20㌔㍍、カトライ港まで約30㌔㍍という好立地にある。 ベトナム法人は2014年11月に北部ハイフォン市に新倉庫を稼働させ、中部ダナン市、南部ホーチミン市などを含めベトナム全土に複数の物流施設を運営しており、トータル約7万平方㍍の倉庫拠点をベースに、多様なサービスメニューを提供している。 Source: New feed
社会
    国際交流