「大阪のダイジェストニュース」カテゴリーアーカイブ

大阪・中之島イルミネーション「光のルネサンス」始まる

大阪・中之島イルミネーション「光のルネサンス」始まる

大阪・中之島の年末恒例のイルミネーション「光のルネサンス」が12月14日夕方から始まった。大阪中之島の中央公会堂開館100周年を記念して、特別なプロジェクションマッピングが行われており、一見の価値がありそうだ。
また、大阪城公園では15日から、光や映像を駆使した夜のイルミネーションが始まる。

近畿企業の景気判断4期ぶりに改善 日銀大阪支店の短観

近畿企業の景気判断4期ぶり改善 日銀大阪支店の短観

日銀大阪支店が発表した短観(企業短期経済観測調査)によると、近畿2府4県の企業の景気判断は、相次いだ台風の復旧工事の需要などを背景に、全産業で4期ぶりに改善した。
景気が「良い」と回答した企業の割合から「悪い」と回答した企業の割合を差し引いた値は、全産業でプラス17㌽と3カ月前の前回の調査を3㌽上回り4期ぶりに改善した。台風の復旧工事で建設機械のリースが増えた「物品賃貸」や台風の影響が和らいだ「宿泊・飲食サービス業」で景気判断が改善したほか「鉄鋼」や「非鉄金属」なども好調だったこともその要因。
ただ、3カ月後の見通しについては、米国・中国の貿易摩擦などにより全産業でプラス10㌽と、今回に比べて7㌽の悪化を見込んでいる。

IR誘致で知事・市長が事業者と会談「世界中が楽しめるエリアを」

IR誘致で知事・市長が事業者と会談「世界中が楽しめるエリアを」

大阪・舞洲へのカジノを含むIR(統合型リゾート施設)の誘致を目指している大阪府の松井知事、大阪市の吉村市長は12月12日、大阪府の公館で米国やシンガポールでIRを運営している「ラスベガス・サンズ」のロバート・ゴールドスティーン社長らと会談した。
この中で松井知事は「万博とIRの相乗効果で世界中が楽しめるエリアをつくりたい」と語った。これに対しゴールドスティーン社長は「財務的な問題やインフラなど様々なチャレンジがあるが、最もすばらしいIRを大阪にもたらすために計画を立てていきたい」と述べた。
また、大阪府と市が大阪メトロ中央線を夢洲まで延伸する費用の一部を、IR事業者に負担を求めている点についても、同社長は「課せられる役割をしっかりと果たしていきたい。検討したい」と述べた。

グランフロント大阪で圧巻800人のサンタがハンドベル演奏

グランフロント大阪で圧巻800人のサンタがハンドベル演奏

JR大阪駅に隣接する大型複合施設グランフロント大阪で12月9日、およそ800人のサンタによるハンドベル演奏会があった。
親子連れなど事前に応募した、赤い服に帽子を被りサンタクロースの格好をしたおよそ800人が集結。音階ごとにオレンジやグリーンなどに色分けされたハンドベルを手にして、大きな階段に勢揃いしたさまはまさに圧巻。
演奏の手ほどきを受けた後、年末恒例のベートベンの交響曲第9番、第九「喜びの歌」の演奏に挑戦した。ハンドベルの美しい音色が寒空に響き渡り、居合わせた多くの通行人らは写真に収めたりして、聞き入っていた。

武田薬品のシャイアー巨額買収 株主総会で正式決定

武田薬品のシャイアー巨額買収 株主総会で正式決定

武田薬品工業(本社:大阪市中央区)によるアイルランドの製薬大手、シャイアーの買収が12月5日、両社の株主総会で承認され、およそ6兆8,000億円に上る日本企業としては最高額となる海外企業の買収が正式に決定した。
この結果、2019年1月にも売上ランキングで世界でトップ10に入る製薬メーカーが誕生することになった。

12月に「夏日」記録 近畿で観測史上初

12月に「夏日」記録 近畿で観測史上初

近畿地方は12月4日、南から暖かい空気が流れ込み、各地で気温が上昇。大阪、奈良、和歌山の3府県で12月として観測史上初めて最高気温が25度以上の「夏日」となるなど季節外れの暖かさとなった。近畿地方で12月に夏日を記録したのは、統計を取り始めて以降、初という。

10月近畿の有効求人倍率1.63倍で8年ぶり全国水準上回る

10月近畿の有効求人倍率1.63倍で8年ぶり全国水準上回る

大阪労働局によると、10月の近畿2府4県の有効求人倍率は1.63倍で、8年4カ月ぶりに全国水準を上回った。ただ、前月と比較すると0.01㌽下回った。これは9月に台風21号の被害を受けた地域で、復旧作業などにより求職活動が控えられた反動で、10月に求職者が増えたことが要因とみている。
府県別では大阪府が1.82倍、京都府が1.56倍、奈良県が1.50倍、兵庫県が1.48倍、和歌山県が1.39倍、滋賀県が1.36倍だった。

万博会場・夢洲と関空・神戸港を直接結ぶアクセス検討

万博会場・夢洲と関空・神戸港を直接結ぶアクセス検討

大阪市の吉村洋文市長はこのほど、2025年万博会場となる大阪・夢洲へのアクセス拡充に向けて、関西空港および神戸港との間を直接結ぶことを検討する考えを明らかにした。限られたアクセス手段に依存するのではなく、陸・空・海から会場へ目指せるようにしたい意向だ。
人工島・夢洲へのアクセスとしては、大阪メトロ中央線が2024年までに夢洲まで延伸するほか、隣の人工島・舞洲とを結ぶ夢舞大橋も車線が拡幅されることになっている。

大阪市 IR事業者選定の条件に鉄道延伸費200億円負担

大阪市 IR事業者選定の条件に鉄道延伸費200億円負担

夢洲へのアクセス整備をめぐり、大阪市の吉村洋文市長はカジノを含む統合型リゾート(IR)の事業者の選定の事実上の条件として、鉄道延伸費用200億円の負担を加える方針を固めた。
政府は7月に国内で最大3カ所にIRを設置することを決めた。これを受け大阪府・市は、かねてから2025年の万博会場の夢洲の隣接地をIRの予定地と決め、誘致に手を挙げることを決めている。

安倍首相 大阪万博の協力を確認 松井知事ら決定を報告

安倍首相 大阪万博の協力を確認 松井知事ら決定を報告

安倍晋三首相は11月26日、首相官邸で大阪府の松井一郎知事、大阪市の吉村洋文市長、経団連の榊原定征名誉会長・誘致委会長、関経連(関西経済連合会)の松本正義会長らと会い、2025年国際博覧会(万博)の大阪開催決定の報告を受けた。これを受け、同首相は、オールジャパンで万博の成功に向けて引き続き協力することを確認した。